初めて受ける方に

男性医師

保険適用か否かで異なる

いぼは皮膚疾患の1つで、ウイルス性と老人性に大別されます。どちらもできたからといって命の危険性はありませんが、場所によっては見た目を損なう要因にもなります。自然に治癒する事は少なく、基本的に治癒には除去手術などを受ける必要があります。放置していても良いのですが、ウイルス性では他部位に広がったり他者に移したりする可能性もあります。その為早期に治療する事が推奨されています。いぼの手術を綺麗に取り除く美容目的で美容整形外科を利用する場合、どこでも同じとは言えません。保険適用外の自由診療になりますので費用はクリニック毎に異なります。またクリニックによっていぼの手術が得意かどうかも異なります。美容整形外科ではいぼの手術以外にも、様々なコンプレックスを改善する為に対応しています。その為、自身の悩みについて的確に対応できるのか症例数をこなしているのかの確認は必要です。クリニック選びでは医師との相性や技術力を基本として、他にアフターケアも充実しているかも重要な要素です。自由診療なので何かトラブルがあった場合の技術保証や対応をしてくれるかはクリニック毎に異なります。費用や有名な店舗というだけでなく、安心できる要素としてアフターケアの充実はクリニック選びの際には欠かせません。いぼの手術方法は保険適用か保険適用外かで費用は変わります。保険適用の場合は国が治療方法や費用を決めているので、一般的な病院では全国どこでも大きな差はありません。3割負担の場合で診察代も含んで1000円程の自己負担が相場となっています。そこに薬や癌かどうかを検査する場合は費用が上乗せされます。薬も検査も保険が適用されるので、それほど金額は高くはなりません。保険適用外の治療では美容整形外科などで行われるレーザー手術になります。美容整形外科は見た目の改善を目的としているので、手術跡を残さず綺麗な状態に戻す事に努めてくれます。レーザー手術は国の定めている保険適用の治療方法ではなく、クリニック毎に自由に費用を設定されています。いぼ1つの治療で1000円から2000円程であり、治療部位が多いとその分費用は上乗せされます。クリニック毎にその設定も異なり、3つまでは同額や、数ではなく範囲で料金を決めている事もあります。料金が自由に設定できるといっても、他のクリニックと大きな差がある場合には利用されないので、全国平均から大きく外れる設定をしているクリニックはありません。美容整形外科クリニックを利用する場合、費用はクリニック毎に異なる事を事前に知っておく必要はあります。