切除縫合法が適当な場合

顔に触れる女性

瘢痕が目立たない可能性も

ヒトパピローマウイルスによってできるいぼを、ウイルス性疣贅と言います。このウイルスは多数種類があり、大別すると皮膚型と粘膜および性器型の2種類です。いぼが発生する部位は全身ですが、ウイルスの種類によって出るところは違います。小さな傷口からでも移るため誰でも感染の可能性はあるものの、高齢者には少なく、子どもに多いです。また、アトピー性皮膚炎の人や免疫力が下がる病気に罹っている人なども感染しやすいです。感染性なので、自分の皮膚上でも広がったり大きくなったりします。硬い突起があって表面はざらざらしているのが特徴で、色や形は様々です。人へ移さないためにも早期に治療するのが望ましいです。通常、治療は綿棒などで病変部に液体窒素を塗り、低温火傷を引き起こす液体窒素療法が行われます。それに加えて、炭酸ガスレーザーによる治療も一般的になってきています。前者の治療は1週間に1回の頻度で3から5回通院するのが一般的です。後者の治療ではもう少し回数が少ないですが、難治性になり治療の効果が現れない人もいます。その場合は、切除縫合法という手術を勧められる可能性があります。これはいぼより大きくメスで周囲を切り、病変部を根こそぎ取る手術です。最終手段ですが再発リスクは一番低いです。難治性になったいぼの他、老人性いぼでも5mm以上の大きいものでは切除縫合法による手術が第一選択です。手術となると費用は高めになりますし、瘢痕の心配も出てくるかもしれませんが、液体窒素療法や炭酸ガスレーザー治療の方が優れた方法とは限らないのです。難治性の場合は、手術することにより何度治療を行っても病変部がなくならないという状態から脱することができます。それから、老人性のものは炭酸ガスレーザーで除去するのが一般的であるものの、大きいと数回にわたって施術しなければいけません。何回も炭酸ガスレーザー治療を受けるのであれば、手術のほうが費用を抑えられます。それに瘢痕についても、切除縫合法の方が残らない可能性があります。炭酸ガスレーザーは、瘢痕修正のために使用されることもあるレーザー機器です。しかし、削り過ぎはよくなく、大きかったり難治性だったりするいぼを削ると瘢痕が残りやすくなります。それに比べて、切除縫合法ではシワができる向きなどに沿ってメスを入れるため、人によっては全く目立たない瘢痕となるのです。でも手術は医師の技術に左右されるので、経験を多く積んだ医師や形成外科のスキルがある医師に任せるといいいでしょう。縫合した後1週間後くらいに抜糸しますが、赤みがある内はシミになりやすいため紫外線対策に力を入れてください。